Animoca Brands、オープンメタバース構築に向けて評価額50億米ドル以上で358,888,888米ドルを調達

オーストラリア・メルボルン、2022年1月18日 - NFTおよびゲームを通じてデジタル財産権を推進しオープンメタバースの構築を目指しているAnimoca Brands社は、本日、プレマネー評価額50億米ドル以上で358,888,888米ドル(約5億30万豪ドル)の資金調達を完了したと発表しました。

 

このラウンドの出資には、Liberty City Venturesをリードインベスターとして、他に10T Holdings、C Ventures、Delta Fund、Gemini Frontier Fund、Gobi Partners Greater Bay Area、Kingsway、L2 Capital、Mirae Asset、Pacific Century Group、ParaFi Capital、Provident、Senator Investment Group、Sequoia China、Smile Group、Stable Asset Management、Soros Fund Management、Wildcat Capital Management、Winklevoss Capital等が参加しました。

 

今回新たに調達した資金は、戦略的買収、製品開発、および人気のある知的財産権のライセンスに対して引き続き投入するために用いられることとなります。

 

Animoca Brandsは、ブロックチェーンやNFTを活用してオンラインユーザーにデジタル財産権を与えることによって、オープンメタバースの構築に取り組んでいます。これらの技術によって、ユーザーはバーチャル・アセットや情報を真に所有することが可能となり、様々なDeFiやGameFi(play-to-earnを含む)の機会、アセットの相互利用性、皆がますます公平に参加できる開かれた枠組みを実現できます。

 

ビデオゲームの世界市場は2021年には1803億米ドルを生み出すと試算されており(出典:NewZoo)、他方、メタバースの市場規模は2028年までに8290億米ドルに成長するとみられています(出典:Emergen Research)。Animoca Brandsは、オープンメタバースの構築に向けて運営する中、ビデオゲーム内の分散型リワードや収益化にイノベーションを起こして主導し、ブロックチェーンとゲームにおける世界有数の技術集団としての地位を確立しました(Animoca Brandsの直近のプレゼンテーションは https://www.animocabrands.com/investors からご覧いただけます)。

 

2021年中に、Animoca Brandsはデジタル財産権およびオープンメタバースというビジョンのために2億1628万米ドルを調達し(2021年5月13日7月1日10月20日の発表参照)、一方、子会社のThe Sandboxは9300万米ドルの資金調達を完了しました(2021年11月2日の発表参照)。 

 

Animoca Brandsおよびその子会社は、携帯機器、ゲーム機、PC、ウェブ、ブロックチェーンなど殆どの主要プラットフォームに対応した幅広いゲーム製品の品揃えを設けています。集中型も分散型も、ブランドゲームも独自のゲームもあり、ゲームハイパーカジュアルからハードコア、コレクション用、ユーティリティトークン、eスポーツその他のゲームがあります。

 

Animoca Brandsの主なブロックチェーンゲームを挙げると、The Sandboxおよびそれに紐付いたユーティリティトークンであるSAND、リリース予定のブロックチェーン 「AAA」TPSであるPhantom GalaxiesREVVトークンのゲーム群(REVV RacingF1® Delta TimeMotoGP™ Ignition、およびFormula E: High Voltage)、Arc8プラットフォーム、GAMEE ユーティリティトークン、TOWERLMTBONDLYPROSPERトークンプロジェクト等があります。 

 

Animoca Brandsは、製品の開発および発表事業の他にも、OpenSea、Dapper Labs、Yield Guild Games、Star Atlas、Axie Infinity、Thetan Arena等、世界で最も重要なNFTおよびメタバース関連企業150社以上に対して積極的に投資を行っています。

 

Animoca Brandsは、The SandboxBlowfish StudiosQuiddGAMEEnWayPixowlLympoBondlyをはじめとする様々な子会社を有しています。また、Brincと提携して、ブロックチェーンおよびNFT領域のスタートアップを育てるアクセラレーターであるLaunchpad Lunaを運営しています。

 

経営者のコメント

Animoca Brandsの共同創業者兼会長を務めるヤット・シウ(Yat Siu)は次のとおりコメントしています。「真のデジタル財産権を実現しオープンメタバースを構築するというAnimoca Brandsの使命に対して、影響力のある戦略的投資家から引き続き多くの支援を得ることができて嬉しく思います。当社は、開かれたWeb3の構築、およびファイナンシャル・インクルージョンを広げるオープンメタバースの促進という野心的な目標を掲げています。2021年にはこの領域で驚異的な成長が見られましたが、Animoca Brandsは、当業界の発展を率いる企業の一つとして最前線に立ってきました。当社はまだ新たなインターネット革命の初期段階に立っており、2022年およびその先には非常に大きなチャンスが待ち受けていると信じています」

 

Liberty City Venturesのマネージングパートナーであるムルタザ・アクバルは次のとおりコメントしています。「Animoca Brandsは開拓者として、Web3とオープンメタバースの革新的な性質を世界に証明しています。Animoca Brandsは、デジタルグッズをすべての人が真の意味で所有でき、その恩恵を得られるような、より分散型の、オープンで公平かつ包括的な未来を推し進めています。未来のデジタルアセットの所有と管理を構築することを目指して、ヤット、および彼の率いる世界レベルのチームと共に仕事ができることを非常に誇らしく思います」

 

Smile Group創業者兼CEOのハリシュ・バールは以下のようにコメントしています。「Smileは、ヤット・シウというすばらしいビジョンを持つ人物と、彼のチームと共に連携を組むことができて誇りに思います。我々は、彼のWeb3に対するビジョンを共有しています。それが実現すれば、真のデジタル財産権によって、創造性、経済的価値、そして起業家精神が世界中で解き放たれることでしょう」

 

Kingsway Capitalの創業者兼CEOのマニュエル・ストッツは以下のようにコメントしています。「デジタル財産権の実現は、21世紀で最大級のパワフルなアイデアとなるでしょう。13年前にビットコインの登場によって始まったことが、分散型ブロックチェーンの力によって、インターネットにデジタル的所有権が埋め込まれるという新時代の幕開けをもたらしたのです。ゲームがブロックチェーンを普及させる鍵となる可能性は大いにあります。Animoca Brandsは、当該領域において世界で最も優位な立場にあるのかもしれません。先進国に比べて桁違いに速く物事を取り入れる新興国やフロンティア市場において、Animoca Brandsは、人々の生き方、遊び方、稼ぎ方に対して、すでに驚異的な影響をもたらしています」

 

C Ventures創業者のエイドリアン・チェンは、次のようにコメントしています。「バーチャル世界によって、次世代が力をつける新たなチャンスが無限に与えられることになるでしょう。また、我々の現在や未来を変革するデジタルテクノロジーについて、新世代が創造し、イノベーションを起こし、さらに学習するためのプラットフォームを提供してくれます。私がAnimoca Brandsに投資を行っているのは、メタバースを可能な限り広く利用可能なものとし、その可能性を推進することに対する私のコミットメントの現れです。ヤットおよびAnimoca Brandsチームの重要な使命に対して力添えできることを、非常に誇りに思います」

 

Winklevoss CapitalおよびGeminiの創業者であるタイラー・ウィンクルボスは次のとおり声明を発表しました。「Animoca Brandsは、分散型ゲーミングおよびメタバースの領域で有数のブランドを構築し開発してきました。私たちは同社のビジョンに絶大な確信を寄せており、彼らの使命を支援できることを大変嬉しく思っております」

 

資金調達の詳細

Animoca Brandsは、業界に詳しい専門家である各投資家との間に募集契約を締結し、1株当たり4.50豪ドルの募集価格で計111,173,515株の新株発行を行い、合計358,888,888米ドル(約5億30万豪ドル)を調達しました。この資金調達により、Animoca Brandsの払込済発行済普通株式総数は1,794,128,323株となりました。

 

今回の資金調達にあたっては、Animoca Brandsの企業アドバイザーであるEverest Ventures Groupが助言および支援を行いました。

 

追記:この発表の中で、Animoca Brands社のプレマネー評価額が50億米ドル以上で今回の資金調達が行われたと明記しました。株価と増資前の発行済み株式に基づく正確なAnimoca Brands社の評価額は、7,573,287,636豪ドル(現在の為替レートで約5,442,429,484米ドル)です。


 

-以上-


 

Animoca Brandsについて

デロイトTech Fastの受賞企業であり、フィナンシャルタイムズ紙の2021年度アジア太平洋地域の急成長企業ランキングに入賞したAnimoca Brandsは、デジタルエンタテインメント、ブロックチェーン、およびゲーミフィケーションの主導的地位にある企業です。REVVトークンSANDトークンに加え、The Sandbox、Crazy Kings、Crazy Defense Heroes等の独自のゲーム、またFormula 1®、ディズニー、WWE、パワーレンジャー、MotoGP™、ドラえもん等の人気のある知的財産を活用した製品をはじめとした幅広い品揃えの製品を開発および発表しています。Animoca Brandsが投資するブロックチェーンのポートフォリオには、非常に有望なNFT関連企業やプロジェクトが150以上含まれております。詳しくはwww.animocabrands.comをご覧いただくか、TwitterFacebookでフォローしてください。

 

グローバル:

press@animocabrands.com

Logo-Morph-13-gif.gif